サンジ強化イベント到来か!?ジェルマの科学力で外骨格出現!再びゾロと並び両翼を担えるのか!?|『ONE PIECE』1028話

ONE PIECE
引用:ONE PIECE  作:尾田栄一郎 ©︎集英社

麦わらの一味の重要な戦力として両翼の一人である“黒足”のサンジ。

2年後の新世界ではゾロに比べて目立った活躍がなかったサンジですが,レイドスーツを身に付けてしまったがためにジェルマの科学の力で不本意ながら大幅な戦力アップを果たしました。

今回はジェルマの科学力により大幅な強化イベントを迎えそうなサンジが新たにジンベエ、そしてカイドウの息子ヤマトという強力なメンバーを迎え入れそうな麦わらの一味でどのような立ち位置になっていくかも考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

サンジの体の変化“外骨格“とは

外骨格とは主に節足動物が体に纏う皮膚に付属するように形成される骨格のことを指し、皮膚骨格とも呼ばれます。

例えばカニの殻やエビの殻、カブト虫の頭の骨格などがそれにあたります。

常人に比べてとにかく体が頑丈になるわけです。

ドフラミンゴや黒ひげなど異常な打たれ強さを誇るキャラクターもONE PIECE界にはいますが、サンジがこれらのキャラクターと同様のタフさを身につけるとなるとサンジにとっても大きなアドバンテージになりそうです。

以前サンジの弟であり、同じく外骨格を発現させた“ジェルマ66“のヨンジがサンジに蹴られ顔を凹ませていました。

引用:ONE PIECE  作:尾田栄一郎 ©︎集英社

ジェルマの科学者らしき人物がハンマーで顔を殴り、矯正しようとしていますが、ハンマーでは治らずプレス機を使って矯正しています。

引用:ONE PIECE  作:尾田栄一郎 ©︎集英社

この描写が如何に外骨格が頑丈なのかを物語っています。

今回のパワーアップイベントによりジンベエ、ヤマトという強力なメンバーを迎える一味のサンジの立ち位置は?

麦わらの一味は9人目の仲間として元王下七武海のジンベエを仲間に迎え入れました。

そしてワノ国編ではさらにカイドウの息子ヤマトという強力メンバーを仲間に迎え入れ、麦わらの一味のレベルも四皇クラスと遜色無くなってきています。

ヤマトの強さについては他記事で触れています。

元王下七武海のジンベエとカイドウの息子ヤマト。

ヤマトに至っては2年前のエースと互角に渡り合っており、カイドウ相手にもそこそこ戦えていることから、軽く見積もっても四皇幹部クラスはありそうです。

ジンベエに至っても怒り状態のビッグ・マムの“皇帝剣(コニャック)”を受け止める。

さらには奥義“武頼貫(ぶらいかん)”でビッグ・マムを吹き飛ばすなど七武海の株を爆上げしています。

ジェルマの科学力で大幅なパワーアップイベントを迎えたサンジの活躍

これまでのサンジはドンキホーテ海賊団最高幹部のヴェルゴにやや押される。(その後ヴェルゴはトラファルガー・ローに真っ二つにされる。)

ドフラミンゴには舐めプされる、といいとこなしでした。

そんなサンジが外骨格を出現させ、ジェルマの冷徹な心と身体能力を手に入れたとなればこれまで不遇な扱いだったサンジも飛躍的な戦力アップが期待されます。

ここまで踏まえれば四皇幹部クラスはあるヤマトとも渡り合えるレベルになってくるのではないでしょうか。

『ONE PIECE』ヤマトの強さはキングと互角以上?強さは四皇幹部上位クラス?懸賞金は10億〜15億ベリークラスか?

徐々に活躍を見せる場面が増えてきているサンジ。

今回のパワーアップイベントによりサンジが麦わらの一味の両翼としてこれから活躍していく場面も近そうです。

↓他記事↓

レイドスーツを手に入れた現在のサンジとゾロどっちが強いのか徹底考察!

ジンベエ加入により一味の強さの順位はどう変わるのか!?麦わらの一味強さランキング!

タイトルとURLをコピーしました