デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆の最後について考察!無限の可能性を手にした太一たちが再びアグモン達に会える可能性は?

デジモンアドベンチャー
©︎本郷あきよし・東映アニメーション

こんにちは。

今回の記事ではデジモンアドベンチャー20周年を記念して公開された『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆』について考察記事を展開していきたいと思います。

デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆

『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆』は1999年にフジテレビ系列で放送された『デジモンアドベンチャー』の20周年を記念して映画公開された『デジモンアドベンチャー』シリーズの正式な後継作品です。

デジタルワールドでの冒険から10年後の世界2010年を舞台にしています。

本作のあらすじ

デジモンワールドでの冒険当時11歳だった主人公の八神太一は22歳になり,なかなかやりたいことが見つけられずに就職活動に苦しめられていた。

その一方でデジタルゲートを介して現れるデジモンと戦い,デジタルワールドに送り返す。

そんな日常を繰り返していました。

そんな日常を繰り返す太一らの元にメノア・ベルッチとその助手を名乗る井村京太郎という人物が訪ねてくる。

メノアが太一らの元を訪れたのは他でもなく今世界で起こっている選ばれし子供らの失踪事件についてだった。

その真相に迫るうち,太一らは今回の件の黒幕の元へ辿り着くこととなる。

そんな太一らには残酷な運命が迫ろうとしていた。

それはデジモンらとのパートナーシップの解消。

つまり,アグモンらとの別れであった。

ゲンナイらが言う「大人になるとデジモンとの別れがやってくる」とは?

今回の物語で気になるのが大人になるとやってくると言うパートナーシップの解消について。

大人になったらとは言うもののデジモンとのパートナーシップの解消に年齢は関係ないようだ。

なぜなら太一とヤマトにパートナーデジモンとのパートナーシップの解消が迫っているのが22歳。

太一やヤマト以外に冒険を共にした仲間である丈やミミ,空はパートナーとの別れは訪れていない。

一方,今回太一らの元を訪れたメノア・ベルッチのパートナーシップの解消が14歳。

では何を持って大人になるとし,パートナーシップの解消に至るのか。

まずはその内容について考察していきたいと思います。

↓朝の1分で世界のニュースをチェック↓

大人になったらデジモンとの別れが来るは間違い?

メノアが研究の末にたどり着いた「大人になったらデジモンとの別れが来る。」

実はこれ自体が間違いなのではないかと思う。

ではなぜ太一とヤマトにはパートナーデジモンとの別れが差し迫っているのか。

その理由はズバリ太一らが成長のためにデジモンを必要としなくなってしまったのが原因だと思う。

『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆』においてパートナーシップの解消の描写があるのはメノア,太一,ヤマトの3人。

メノアはパートナーに頼らずとも生きていける自分を望み,太一やヤマトも生きていく上でパートナーデジモンを必要としなくなってきていた。

一方で空はパートナーであるピヨモンを必要とし,ミミもビジネスパートナーとしてパルモンを必要としている。

ヒカリもテイルモンを必要とし,うまく共生の道を歩んでいる。

つまりパートナーシップの解消に至る原因は大人になってしまうことではなく,パートナー自身の成長にデジモンが必要なくなってしまうことにあるのではないかと思う。

本来パートナーデジモンに与えられた役目は子供達の成長である。

その子供らの成長に邪魔にならないようにデジモンらは子供らの成長に自分が不要だと感じた時姿を消すのではないだろうか。

子供達の成長がデジモンに与えられた使命だとすれば,たとえ自分の姿が消えようとも太一の成長を感じることができたアグモンにとっては何よりも嬉しいことなのだろう。

©︎本郷あきよし・東映アニメーション

今後太一らとアグモンらの再会はあるのか?

アグモンらパートナーデジモンを失った太一らは物語の最後に嬉々として次のステージに走り出します。

太一らはパートナーデジモン達と別れ,次なる冒険へと進む決意をしました。

メノアが姿は違えどもモルフォモン(エオスモン)と再会できたのには理由があります。

それは他ならぬメノア自身が成長のためにエオスモン(モルフォモン)を必要としたからです。

つまり太一達が嬉々として会いにいくと叫んだのは次なる冒険のステージでまたアグモンらを必要とするためです。

太一らがまた成長のためにアグモンらを必要とすることがあったのならば,また新たなステージで次の冒険の扉は開かれるのではないでしょうか。


タイトルとURLをコピーしました